私、退職を決断しました。

辛い面を知る退職を決断した人の声をご紹介

退職経験者の声を聞こう!

退職経験者はその仕事の辛い面をよく知っています。そして勤めている職種や行っている仕事によって退職をする理由には特徴があります。例えば看護師であれば、夜勤などで生活リズムに影響が出やすいケースが多いことが理由になることが多いようです。秘書は自分のペースで仕事を進めることが難しいといった理由が多く、プログラマーは残業時間が多いといった理由がよく挙げられます。それぞれの職業を退職された人の声をご紹介します。

  • 看護師Kさんの場合

    看護師Kさんの場合

    看護師Kさんの体験談から、看護師が職場で抱えやすい悩みやどのような環境で働くことが多いのかをご紹介します。看護師は夜勤の存在や、1回の勤務時間の長さから生活リズムを崩しがちになります。Kさんは仕事をしていく中で自分の生活リズムが崩れていたことに苦痛を感じたことや、その忙しさから自分が本当にしたい看護ができないことなどが退職を決める理由となったそうです。現在は当時の退職を振り返って、良い決断をしたと納得のいくものとなっているそうです。

    more…
  • 秘書Mさんの場合

    秘書Mさんの場合

    秘書Mさんは秘書として4年間勤めた経験を持っています。Mさんが秘書の仕事を退職する理由にはどのようなものがあったのか、働く環境はどういったものだったのかをご紹介します。Mさんは4年間の秘書の仕事で最初の1年間は何度も辞めようと考えていたそうです。その理由として、休日や定時終了後にも多くの仕事があり、忙しい時は9時に出社してから日付が変わるまで働いていたこともあったそうです。しかし、その生活にも慣れた頃に家庭との両立が難しくなり退職を決断されたそうです。

    more…
  • プログラマーJさんの場合

    プログラマーJさんの場合

    プログラマーはIT業界の中でも特に忙しいとされている職業です。そのプログラマーとして働いていたJさんが仕事を辞めた理由をご紹介します。Jさんは過労とされる月80時間の残業を大きく超える200時間以上の残業をピーク時にはしていたそうです。家に帰ることもできず、会社に寝泊まりして仕事を続けていました。そして実際に出る残業代は30時間分の計算となっており、このような過酷で厳しい労働環境が理由となってプログラマーを退職する決断をされたそうです。

    more…

人気の記事はこちら!

  • 信頼度の高い【日経キャリアNET】
    信頼度の高い【日経キャリアNET】

    日経キャリアNETは多くの大手求人を取り扱う、リクナビネクストに並ぶ国内最大級の転職サイトです。日経の信頼できる情報網とそのツールをしっかりと利用することで大手の企業への転職を可能にしています。

    信頼度の高い【日経キャリアNET】
  • 看護師Kさんの場合
    看護師Kさんの場合

    看護師として働き、その環境から転職を考えたKさんの声を基に実際にどのような場面で看護師は退職を考えるのかをご紹介します。そしてその決断は現在どのように思えているかを知ることで退職に関するイメージが変わるかもしれません。

    看護師Kさんの場合
  • 誰もが1度は悩む人間関係
    誰もが1度は悩む人間関係

    退職を考える理由は人によって様々ですが、人間関係に関しては誰しもが1度は悩んだことのある問題かと思います。悩みにつながりやすく、多くの人が退職する理由となる人間関係についてよく知りましょう。

    誰もが1度は悩む人間関係